text.skipToContent text.skipToNavigation
ニュースレターにサインアップすると、最初の注文が15%オフになります
¥6,000 以上のご注文で 無料配送

ダブルリッチチョコレート セット
(3x970g)が 20%オフ*
12000円以上のお買い上げで、
無料スナックプレゼント
*他のプロモーションの併用はできません。

重傷からの迅速な回復

アイルランドで3年連続で最もフィットな男性に選ばれたジェイミー・ヒードン氏が、どのようにして深刻な怪我から最短時間で回復したかをご覧ください

ジェイミー・ヒードン氏は、25歳のOptimum Nutritionアンバサダーであり、アイルランドで最高のクロスフィットアスリートの一人であり、パーソナルトレーナーの資格ももっています。アイルランドで3回にわたって最もフィットな男性に選ばれ、2017年にはクロスフィット世界大会のリージョナル(地区大会)への出場資格を得たわずか3人のアイルランド男性の1人となりました。

ダブリンで、2人の兄弟ショーンとパディとともに、ボクシング、ラグビーをはじめ、一年中あらゆるスポーツに明け暮れて育った彼は、運動に関しては常に体の限界に挑戦することを切望してきました。

怪我に関して彼がトレーニング、食事、回復戦略を変えたことから学んだことと、それを使ってかつてない最強のフォームを構築する方法を以下にご紹介します。

あなたがこれまでに直面した怪我について詳しく説明していただけますか?
「最初から説明します。私はクロスフィットをやっていて、2〜3年内の目標は、クロスフィット世界大会のリージョナルに出場することでした。つまり、世界のトップ30に入っているということです。オリンピックのリフティングをしていたときに、肩の4つの筋肉が断裂してしまい、全面的な再建手術を受けなければなりませんでした」
「上腕二頭筋が骨から離れ、関節唇が裂け、肩が脱臼しました。基本的に、一度に3つの手術を受けなくてはならず、その後はノンストップのリハビリでした」


その後、ジムに戻るのは大変でしたか?
「去年の9月22日に手術を受け、2018年5月までバーを持ち上げることができませんでした」
「直後はつり包帯を着けていましたが、手術のわずか10日後に正常な心を保つためにトレーニングに戻りました。
ヒードン氏は、体の他の部分を癒しながら、どのようにして可能な筋肉に取り組むためのトレーニングの優先順位を決めたかを教えてくれました。
「手術後、自転車に座って脚を動かしたり、リハビリやコンディショニングをしたりするなど、他の方法でトレーニングを行いました。その時点で、私は週に5回理学療法を受けていましたが、許可されてすぐに3時間のフロアバンドとリハビリを始めました。
「何も持ち上げるときはできなかったため、有酸素トレーニングをするようにルーティンを変更しました。最初はサイクリングです。私はロードバイクを手に入れ、サイクリングにのめり込みました。そして腕を動かすことができるとすぐに走り始めました。それから腕を引っ張ることができるようになったとき、ローイングに夢中になりました。
「今年の初め、コンディショニングと有酸素運動をしていたとき、自分のマーカーを設定するために、4月にチームに加わったOptimum Nutritionとともにマンチェスターマラソンリレーに参加して、復帰することを自分に言い聞かせました。そして徐々に慣れていきました。
「その後、今年の8月に復帰後初めての大会となったMarseilles Throwdownに出場し、優勝できたんです!」


怪我をしたときに失われた筋肉量を取り戻すためにどのような手法を取り入れましたか?
「私の場合は、トレーニングと心構えを変えました。180度転換して、自分の都合に合わせてトレーニングを利用したというか。それをやってから、かつてないほど健康になりました。
「また、リハビリに集中するために、それ以上怪我をしないようなゆっくりとした動きを行いました。
「また、その間じゅう、Optimum Nutritionのゴールドスタンダード BCAA トレイン + サステインを摂取しました。体は筋肉の修復のためにタンパク質を必要とするので、筋肉が損傷したときは筋肉を癒すためにトレーニングをしていなくても、タンパク質を摂取しました。
「私の食事パターンも本当にクリーンで、ずっと適切なサプリメントを摂っていました」
栄養へのアプローチは、ラグビーのトレーニングからクロスフィットでどのように変わりましたか?
「ラグビーをしていたときはサプリメントについて何も知らなかったし、Optimum Nutritionも使ったことがありませんでした。その点で私のルーティンは変わりました。
「今ではより教育を受け、サプリメントを摂っています。セッション中はOptimum Nutritionのゴールドスタンダード BCAAを摂取して回復を開始し、Optimum Nutritionのゴールドスタンダード 100%ホエイを摂取しています。
「カロリーは計算しませんが、タンパク質と同じように、高く取ろうとしています。クリーンに食べるだけで十分です」
最高の状態に戻るのにサプリメントはどのような役割を果たしましたか?
「速く回復するのを本当に助けてくれました。筋肉を元の状態に戻し、修復しなければならないことがわかっていたので、怪我をしたときには、回復中にそれらを摂取しました。朝と夕方にはホエイプロテイン、そしてトレーニング中には通常のルーティンとしてBCAAを摂取しました」

 

深刻な傷害から最短時間で回復する7つの方法
 
1. 理学療/スポーツマッサージ
「怪我をしたとき、週に5回理学療法を受けました」

2. リハビリ
「これは退屈かもしれませんが、スキップしないで続けることがとても大切です」

3. 強いマインドセット
「できないことではなく、できることをやる。精神的に強くなること、そしてその時間を回復のために使っていると理解することは非常に有益です。
「マンチェスターマラソンなど、数か月以内のイベントを選ぶ。そして、できることに集中し続ける」

4. 栄養
「クリーンに食べて、タンパク質で筋肉の回復を助ける」

5. 休息
「毎晩ぐっすり眠る。これは本当に重要です」 すぐにクロスフィットに戻らなかったことは、私にとって最高のことでした。私が再びバーを手に取るまで8か月かかりましたが、本当によい状態になっていました」

6. できることとできないことに優先順位を付ける
「その時点で可能な体の部分を使って、それらに取り組む。180度転換して、有酸素運動やサイクリングなど、別の競技スポーツにトライし参加してみる。そして、本当にそれに夢中になりました!」

7. 急がない
「現実的な目標を設定し、それを超えないようにすることで、怒りを覚えることなく怪我の時間を乗り切ることができます。大きな目標を持ちながら怪我をした場合、それは明らかに挫折です。しかし、それを乗り越えて、より強く、より健康になることができます」

おすすめ商品