text.skipToContent text.skipToNavigation
ニュースレターにサインアップすると、最初の注文が15%オフになります
¥6,000 以上のご注文で 無料配送
ご注文ごとに ON Proven シェイカーをプレゼント
Optimum Nutrition オフィシャルウェブサイト
当社幅広い製品をぜひご覧ください

マラソンのトップヒント

シーズン当初のマラソンランナーのためのトレーニング計画に行き詰ってしまいましたか? エリートアスリート兼コーチのリース・バークレー氏からのトップヒントをいくつかご紹介します


• あなたの担当するアスリート、またはあなたがアスリートの場合はあなた自身の全体的な進捗チェック。これまでに計画はどこまで進み、アスリートはどのように感じていますか? 怪我や懸念に苦しんでいますか? あるいは、これまでの走行距離の蓄積に満足し、ラストプッシュの準備ができていますか? これらの質問のいずれかに対する答えが「いいえ」の場合は、トレーニング計画の最終的な主要フェーズを設定する前に、これらの問題を考慮に入れる必要があります。全体的な計画とアスリートの状態に関して、最後にもう一度概要を見直すことがレースの成功の鍵となります。

• イベントから12~4週間前に適切なレベルのトレーニング刺激を得ることで、アスリートのレース中の身体的メリットを最大にすることができます。この刺激は、セクション内のレースの強度と持続時間に最も近いものであるのが理想的ですが、強度が低く、コンディショニング、回復セッションをバランスよく含めましょう。

• 走行距離が下回っている場合、新しい目標を設定する必要がありますか? 走行距離が下回っている場合、追いつこうとして、イベントが12週間以内に迫っている中で過剰なトレーニングを行うことはありがちなことです。多くの場合、計画を立て直し、物事をスムーズにし、大きく増やすことはせずに、量と強度を少しだけ増やすことが得策です。

• この期間の始めにレースプランを最終決定することが重要です。計画と目標ペースに向けて体づくりをしてきましたが、今こそこれを見直し、可能性のある気象条件、この時点までの体調、地形、フィードステーション、その他の走行サポートを考慮に入れる時です。これをレビューしたら、具体的なレースプランを作成し、特定のトレーニングセッションを調整して、レースプランの一部を模擬します。これにより、アスリートはレース当日に体調と能力に自信を持つことができるようになります。

• レース当日の栄養と完全なキットと機器を使ってトレーニングし、環境を整えましょう。これにより、キットや機器に関する事前の不安も軽減され、レース当日にアスリートは準備万全で落ち着いてリラックスできるようになります。

• この最後の3~4週間の間に体力を伸ばすセッションは、レース当日に直接的なメリットをもたらさないことがほとんどの研究で示されていますが、依然としてこの最終フェーズは非常に重要です。この期間に全体的なトレーニングストレスを軽減して、アスリートが新鮮な気持ちで力を発揮できる準備を整えながら、フィットネスレベルと体調を低下させないようにすることのバランスが重要です。これは、あなたのアスリートまたはアスリートとしてのあなた自身を知ることが重要であり、生理的なことよりも心理的に重要度が増す可能性がある領域といえます。この期間中のセッションは、新鮮さが戻り、長くハードなワークアウトをアクティベーションセッションに代えることができるため、自信が高まるはずです。高強度は、以前よりも短い期間存在する可能性があり、アスリートには「力を出し切れていない」感覚が残ります。

• アスリートのプレッシャーを軽減して、最高のパフォーマンスを発揮できるようにしましょう。落ち着いてリラックスしていると感じることで、能力を発揮できます。つまり、やるべきことを完了して、準備万端であると考えることが鍵となります。アスリートは、起こりうる結果や目標時間に集中すべきではなく、そのプロセスに集中する必要があります。そうすることで、スムーズなフォームのための鍵がトリガーされます。

• ネガティブな出来事や結果について話し合い、計画を立てましょう。多くの理由で、レース当日に物事が計画通りに進まない可能性があるため、これはシーズン/キャリア思考プロセスで検討する必要があります。怪我や病気を乗り越えるとすべてを出し切った気分になるかもしれませんが、ここでは他のレースと個人の健康が大きな検討事項です。アスリートがプレッシャーを感じて、レース当日に悪い選択をすることがあってはなりません。

注意:この記事はOptimum Nutrition for Health and Performanceコースを補足するもので、教育のみを目的としています。これはGlanbia Performance Nutritionの意見を反映したものではなく、製品のマーケティングを目的としたものでもありません。