text.skipToContent text.skipToNavigation
ニュースレターにサインアップすると、最初の注文が15%オフになります
¥6,000 以上のご注文で 無料配送

ダブルリッチチョコレート セット
(3x970g)が 20%オフ*
12000円以上のお買い上げで、
無料スナックプレゼント
*他のプロモーションの併用はできません。

怪我からの迅速な復帰のための栄養戦略

怪我はトレーニングのレベル、量、鍛え方に関係なく発生します。意気消沈し、落胆する可能性があり、多くの場合、クライアントは体を癒すのではなく、心を慰めることができる食べ物に手を伸ばそうとします。したがって、フィットネスのプロであるあなたが、治癒を促進し、クライアントの早期回復を促すためにアドバイスするための栄養戦略を理解することが重要です。


栄養上の推奨事項は、動きの障害の程度、活動の低下、筋肉量の減少、筋力、機能の程度に応じて指定する必要があります1。もちろん、これらはクライアントが3段階の回復のどの段階にあるかによって異なります。

 

  1. 炎症期:最初の損傷から4~6日後に発生し、免疫細胞が治癒のためにその領域に引き寄せられるときの痛み、腫れ、炎症を特徴とします。
  2. 増殖期:最初の損傷から4~14日後に発生し、その間に損傷した組織が除去され、新しい組織が再生されます。
  3. 再構築期:1週間から1年の間に発生し、強力な永久組織の再生と再構築が特徴です。

身体活動が減少しても、体は治癒過程にエネルギーを必要とすることをクライアントが理解することも重要です。毎日の推定エネルギー必要量の計算に100~500kcal(10~15%)の増加を含める必要があると推定されています。これにより、治癒が促進され、筋肉量が維持されると同時に、活動していないときに体脂肪が過剰に増加するリスクが軽減されます。通常のジムユーザーの場合、これは100~200kcalの増加に相当しますが、怪我の重症度と動きの障害の程度によって異なります。


タンパク質は、回復過程で最も重要な栄養素の1つです。筋肉組織を修復するために欠かせない要素を体に提供する必要があるだけでなく、筋肉は、損傷するとタンパク質の同化特性に対する感受性が低下します。したがって、1日あたりのタンパク質摂取量を体重1㎏あたり1.6〜2gに増やし、20~30gのタンパク質を4~6回分に均等に分け、ロイシン含有量の高い消化の速いタンパク質で構成することをお勧めします。


脂肪、炭水化物、果物、野菜、ハーブ、スパイス、特定のサプリメントなどの他の食品も、体に癒しの栄養素を提供し、クライアントの迅速な復帰を促進します。


以下のインフォグラフィックを使用して、治癒過程を促進するために食事に含める食品についてクライアントにアドバイスしましょう。

負傷時の栄養の詳細については、https://www.englandrugby.com/participation/playing/food-for-rugby/nutrition-guide/injuryを確認してください。


注意:この記事はOptimum Nutrition for Health and Performanceコースを補足するもので、教育のみを目的としています。これはGlanbia Performance Nutritionの意見を反映したものではなく、製品のマーケティングを目的としたものでもありません。

レファレンス:

  1. Quintero et al., 2018.  An overview of nutritional strategies for recovery process in sports-related muscle injuries. Nutire.
  2. Tipton KD., 2015. Nutritional Support for Exercise-Induced Injuries. Sports Med.
  3. Wall BT, et al. Disuse impairs the muscle protein synthetic response to protein ingestion in healthy men. J Clin Endocrinol Metab.
  4. Phillips SM, Van Loon LJC. Dietary protein for athletes: from requirements to optimum adaptation. J Sports Sci.
     

おすすめ商品