text.skipToContent text.skipToNavigation
ニュースレターにサインアップすると、最初の注文が15%オフになります
¥6,000 以上のご注文で 無料配送

ダブルリッチチョコレート セット
(3x970g)が 20%オフ*
12000円以上のお買い上げで、
無料スナックプレゼント
*他のプロモーションの併用はできません。

スポーツにおける相対的エネルギー不足

体は車のエンジンのように機能し、車が走るのにガソリンやディーゼルが必要なように、食べ物や液体からのエネルギーが必要です。しかし、エネルギー摂取量と運動によるエネルギー消費量との単純なバランスの他にも、考慮すべきことが数多くあります。

私たちの体は明らかに、運動のためだけでなく、主に脳や他の臓器の基本的な身体機能のためにもエネルギーを使用しています。

しかし、エネルギー摂取量と運動によるエネルギー消費量との単純なバランスの他にも、考慮すべきことが数多くあります。エネルギー不足状態にあると健康への悪影響があるため、クライアントのエネルギーが健康と幸福をサポートする必要があることも考慮することが重要です。利用可能エネルギー(EA)は、エネルギーバランスではなく、運動で消費されたエネルギーを差し引いた後、身体機能(成長、発達、免疫機能、月経)のためにに残されたエネルギーの量(カロリー)を表すために使用される用語です。


RED-Sとは?
スポーツにおける相対的エネルギー不足(RED-S)は、アスリートが食物や液体から体内に投入するエネルギーの量と、運動で消費されるエネルギーとの間に不一致がある症候群です。摂取された食物は、単に通常の身体機能と運動に燃料を供給するのに十分なエネルギーを提供しません。アスリートが非常に活動的な人である場合、体はトレーニングを促進し、効果を低下させるか、体内の一部のプロセスを停止することによってエネルギーを節約しようとします。これらの身体機能の崩壊には、月経機能の障害、骨の健康の低下、免疫力の低下、安静時の心臓の健康の低下などがあります。非常に活動的な人々にとって、怪我のリスクが増大することを意味する可能性もあります。
 
RED-Sはどのようにして発生するのですか?
エネルギー不足(LEA)は、運動後に体の正常な健康機能をサポートするのに十分なエネルギーが残っていない場合に発生します。LEAは以下によって発生する可能性があります。

  • 供給不足(食物や液体から十分なエネルギーを摂取していない)
  • 過剰なトレーニング(運動でエネルギーを消費し過ぎている)


RED-Sの潜在的な健康への影響は何ですか?
以下の画像は、様々な方法でクライアントに影響を与える可能性のあるRED-Sの潜在的な健康への影響を示しています。

  • 強さと持久力の低下
  • 怪我のリスクの増加
  • 代謝率の低下
  • トレーニング応答の低下
  • うつ病または過敏性の増加
  • 生殖能力の低下

上の図はConstantini NM., 2002から引用しました。
 
LEAの兆候と症状は何ですか? RED-S?

  • 月経なし >3ヶ月(不順/月経周期の欠如)
  • 過度に制限的な摂取/摂食障害 – 食べる量が必要量に満たない
  • 疲労骨折/低骨密度
  • 気分の落ち込み/イライラする
  • 頻繁な病気
  • パフォーマンスの低下
  • いつも疲れや疲労を感じる


RED-Sはどのくらい一般的ですか?
アイルランドでの最近の調査では、調査対象の活発なアイルランド女性の40%がLEAのリスクにさらされていることが明らかになりました。競技スポーツに参加する人は、娯楽的に活発な女性に比べてリスクが高くなります。LEAのリスクがある人は、病気のために22日以上トレーニングを休んだ可能性が3倍高くなっていました。

クライアントのRED-Sを防ぐために何ができますか?

  • クライアントが食物と液体から十分なエネルギーを供給していることを確認してください。カロリー摂取量を増やす方法は次のとおりです。
  • 日常生活とトレーニングスケジュールをサポートするために必要なカロリー数をクライアントが理解していることを確認する
  • 食事の量を増やすよう助言または話し合う
  • 食事の頻度を増やす – 食べる機会を増やすために食事の間に軽食を含める
  • クライアントがこれ以上食べたくない場合は、液体の形でエネルギーを提供するために牛乳ベースのスムージーを作るように助言する
  • ナッツ、ナッツバター、アボカド、フムス、オリーブオイルなどのエネルギー密度の高い食品を含める。

RED-Sは両刃の剣であり、クライアントがトレーニングを続けられなくなる、あるいはパフォーマンスを最大限に発揮できなくなる可能性があるばかりか、健康にも影響を及ぼす場合があります。彼らが毎日のカロリーの必要性を認識していることを確認することから開始し、その後、症状とそれが発生した場合の健康への悪影響の両方を認識させます。高リスクと思われるクライアントを特定し、おしゃべりしてクライアントの食事や気分を確認するだけで、RED-Sが問題であるかどうかを確認できます。その後、上記の戦略のいくつかを実行して、クライアントがそれを克服できるようにします。
パーソナルトレーナーまたはスポーツコーチの方で、まだオンライン栄養コースにサインアップしていない場合は、 今すぐサインアップしてください!このコースは10種類のオンラインモジュールで構成されており、完了するとAssociation for Nutrition(AfN)から栄養学の認定証明書が発行され、あなたの所属する団体からCPDポイントを獲得できます。


注意:以下の情報は情報提供の目的のみで提供されており、Glanbia Performance Nutritionの意見を反映するものでも、製品のマーケティングを目的とするものでもありません。


レファレンス
1.Mountjoy M, et al. 2018. IOC consensus statement on relative energy deficiency in sport (RED-S): 2018 update. Br J Sports Med.
2.Loucks AB, Thuma JR. 2003. Luteinizing hormone pulsatility is disrupted at a threshold of energy availability in regularly menstruating women. The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism.
3.Stand P. et al., 2007. The female athlete triad. Med Sci Sports Exerc.
4.Drew MK, et al. 2017. A multifactorial evaluation of illness risk factors in athletes preparing for the Summer Olympic Games. Journal of science and medicine in sport.
5.Logue DM, et al., 2019. Screening for risk of low energy availability in athletic and recreationally active females in Ireland. European journal of sport science.
 

おすすめ商品